どちらが稼げる?アフィリエイターとWEBライターの違い

お金の知識

旧アドレスにアクセスされた方は、リダイレクト(自動遷移)されています。(ブログ引っ越しのため)
移転元/旧アドレス(サイト名:愛アフィリエイト)

アフィリエイターとWEBライターの比較

共通の目的

両者の目的は同じです。
目的は、文章を書いてアクセスを集めることです。

両者の特徴

両者の特徴は以下です。
・アフィリエイター・・・自分のサイトの記事を書く
・WEBライター・・・他人のサイトの記事を書く

どちらが稼げるか

 

大きく稼げる可能性があるのは、アフィリエイターと言えます。
しかし、確実に収入を得られるのは、WEBライターです。

アフィリエイターの特徴

メリット:自動収入になる

アフィリサイトは資産になります。
サイトを作ってしまえば、自動的な収入を得ることが可能になります。

メリット:レバレッジが効く

収入に上限はありません。
多くのアクセスを集めれば、青天井で稼ぐことができます。

メリット:自由に取り組める

自分の好きなスタイルでできます。
サイトデザインや、カテゴリなど、自由に決めることができます。

メリット:組織化できる

ライターを募集して、組織的な取り組みも可能です。
自分が、「親方」となって取り組む必要があります。

デメリット:スキルアップに時間が必要

アフィリエイターには、高いスキルが必要です。
サイト作成、記事作成、広告選定と言った、幅広いスキルが必要です。
スキルをアップさせるのに時間が必要になります。

デメリット:収入保証がない

アフィリエイターは、ギャンブル性があります。
収入が保証されておらず、計画が立てにくいと言えます。

デメリット:入金まで遅い

入金までに、時間がかかります。
一般的に、仲介会社から翌々月に支払いとなります。

WEBライターの特徴

メリット:ライティングスキルだけでOK

ライティングスキルがあればできます。
少ないスキルで取り組むことができます。

メリット:収入保証がある

書いた分は、確実に収入がもらえます。
確実性は大きなメリットと言えます。

メリット:入金まで早い

一般的に、アフィリエイトよりも、早いサイクルで入金されます。

メリット:することが決まっている

WEBライターは、何をすべきか指定されています。
指定されている内容は、キーワード、テーマ、文字数などです。

メリット:組織化できる

WEBライター業務に慣れると、組織的に行うこともできます。
大型案件を受注して、ライター募集すると言った方法があります。

デメリット:自動的な収入にならない

書いた分だけが収入になります。
収入を得るためには、書き続ける必要があります。

デメリット:レバレッジが効きにくい

収入は、一定額で頭打ちとなります。
レバレッジを発揮させにくいと言えます。

Googleアプデに備える

収入減の可能性がある

アフィリエイターもWEBライターも、収入減の可能性があります。
特にアフィリエイターは、Googleアプデや、ライバルサイトの影響が大きいと言えます。

両方取り組む

収入減に備えて、アフィリエイターとWEBライター両方に取り組む戦略が有効です。
両方取り組むためには、作業時間確保が必要になります。

高スキルWEBライターを目指す

アフィリエイターと、WEBライターのスキルは共通しています。
以下のようなスキルを得ると、高スキルなWEBライターとして、高単価な案件を受注できます。

・サイト立ち上げ
・ペルソナ設定
・キーワード選定
・記事構成の作成
・ライティング
・画像、イラスト選定
・校正、校閲
・広告選定
・ワードプレス入稿
・SNSで紹介
・リライト、アクセス分析

コメント

タイトルとURLをコピーしました