外注で赤字を避ける方法│ビジネスを加速させる

一人は限界がある

自分一人で出来ることは限られています。
一人でがんばっても、「1」が「1.5」になるぐらいす。
一人で出来ることは、限界があります。

外注でレバレッジ

一人で難しいなら、他人の力を借りることが必要です。
他人の力を借りるために、外注が効果的です。

外注で他人の力を借りると、力は何倍にもなります。

外注できる作業を探す

外注を現実化するために、必要なことは「意識」です。

「意識」する内容は、外注できそうな作業を探すことです。
「この作業は外注できるかもしれない」と言った、仮説を立てることが大切です。

ビジネスを加速させる方法

ビジネス加速させる方法は、以下のような内容があります。
・自分の作業スピードを上げる
・お金に働いてもらう(例:株式投資)
・仕組みに働いてもらう(例:アフィリエイト)
・人に働いてもらう(例:外注する)

赤字を避ける方法

外注をすることで、利益が高まる可能性があります。
しかし、怖いのは赤字です。

外注で赤字を避けるには、計画を立てることが重要です。
計画を立てても、黒字になるか、赤字になるかは、やってみるまで分かりません。
しかし、確実に言えることは、無計画にやるよりも、計画を立てたほうが、成功確率が上がると言うことです。

外注を成功させるコツ

外注を成功させるコツは、以下のような内容が挙げられます。

・ルーティン化できている部分を任せる

ルーティン化できている部分を任せることが大切です。
創造性が必要な部分は自分でやりましょう。

・責任感がある人に任せる

責任感がある人に任せることが大切です。
知人など「任せやすい人」ではなくて、「任せるべき人」に任せましょう。

外注しにくい作業を知っておく

外注しにくい作業は、以下のような内容があります。
・創造性が必要な作業
・利益率が低い
・参入障壁が低い

利益率が低い

利益率が低い場合、基本的に外注はできません。
外注できない理由は、利益率が低いと、不安定だからです。
少しバランスを崩すと、赤字転落する場合があります。
赤字転落すると、外注が維持しにくくなります。

しかし、利益率が低くても、以下のケースでは外注が可能です。
・業務量が安定している
・ひとりでは処理できない業務量がある

参入障壁が低い

参入障壁が低い場合も、基本的に外注ができません。
外注できない理由は、受注者に、ビジネスモデルをマネされてしまうからです。

完璧を求めない

受注者に、完璧を求めても上手くいきません。
発注者と受注者のニーズが、完全に一致することは難しいと言えるでしょう。
外注して上手くいくかは、最終的に、やってみないと分かりません。
上手くいくコツは、「ある程度できればOK」と割り切って考えることです。

応募者にヒアリングする

自分が任せたいタスクを、過去にやったことがあるか確認しましょう。
やったことがないのであれば、類似するタスクをやったことがあるか確認しましょう。

小さくテストする

小さな金額でテストし、適正があるか確認しましょう。
例えば、簡単なホームページを1万円で作成してもらう、バナーを1万円で作成してもらうと言ったことが考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました