正しいブログジャンルの選び方│初心者向け

お金の知識

旧アドレスにアクセスされた方は、リダイレクト(自動遷移)されています。(ブログ引っ越しのため)
移転元/旧アドレス(サイト名:愛アフィリエイト)

ブログのジャンルを適当に選ぶと、失敗する可能性が高まります。
アクセスが皆無ということもあります。

ジャンル選びには、基準があります。
トップブロガーは、適当にジャンルを選ぶことはしません。
トップブロガーは、ジャンル選びの基準を持っています。
トップブロガーに近づくためには、計画的なジャンル選びが必要です。

この記事を読むことで、計画的なジャンル選びができるようになります。
例えば、以下のような基準を説明しています。
・今後市場拡大するかどうか
・自分に興味があるかどうか
・記事ネタが尽きないかどうか

選び方をマスターして、成功に近づきましょう!

継続できるかどうか

一番大切なことは、そのジャンルに、興味があるかどうかです。
興味があれば、記事を書く意欲が湧いてきます。

ブログ運営で重要なことは、継続です。
継続するためには、「興味」が重要になってきます。

初心者ブロガー ジャンル選びの基準

そのジャンルに詳しいかどうか

あなたがそのジャンルに詳しい場合、取り組んでみる価値があります。

ジャンルに詳しいことで、以下のメリットがあります。
・下調べの時間節約ができる
・いきなり記事が書ける
・モチベーションが続く

検索者が多いかどうか

検索者が多いジャンルが、収益化しやすいと言えます。
検索する人が非常に少ない場合、読む人が少ないため、収益化できない場合があります。

デメリットは、検索者が多いジャンルは、競合が多いことです。

成約率が高いジャンルかどうか

成約率が高いジャンルは、結果が出やすいと言えます。
例えば、動画配信サービスは、成約率が高くなっています。
成約率が高い理由理は、市場が伸びていることと、安価で契約に結びつきやすいからです。

デメリットは、単価が安いことです。
単価が安いので、多くのアクセスを集める必要があります。

そのジャンルは今後成長するかどうか

そのジャンルが、今後成長するかどうかがポイントです。

例えば、電子書籍市場は今後も伸びると考えられます。
逆に、古本買い取りは、今後は縮小していくと考えられます。

新しい情報が出るかどうか

そのジャンルで、記事ネタが尽きないかどうかがポイントです。

例えばスマホは、春と秋に新製品が発売されます。
新製品を記事にすることで、ネタ切れがしにくくなります。

裏ワザ的考え

キーワードずらしを意識する

キーワードをずらすことが有効です。

競合が多いジャンルでは、ロングテールキーワードで、範囲を絞り込むことが必要になってきます。

例えば、以下のように範囲を狭めていくことができます。
「転職」・・・対象範囲が広い
「転職 愛知県」
「転職 愛知県 自動車製造」
「転職 愛知県 自動車製造 デザイン」・・・対象範囲が狭い

初心者でも高額案件を狙う

初心者でも、高額案件を成約することができます。
初心者だから、成約できないと言ったことはありません。
ある程度、報酬の大きな案件に挑戦しましょう。

リピーターを狙う

リピーターを意識することで、収益が安定します。

報酬が高い案件は、「一回きり」が多いと言えます。
報酬が低い案件は、繰り返し購入されることがあります。
消耗品や、乗り換えなどにより、繰り返し購入されます。

記事作りや広告案件選定で、リピーターを意識することも大切です。

ニッチ市場でハマることもある

検索キーワードの組み合わせは無限です。
組み合わせにより、ニッチ市場が見つかる可能性があります。

注意する点は、あまにも検索者数が少ないと、アクセスが皆無になってしまうことです。
検索者数と、競合サイトのバランスを、十分に調査する必要があります。

努力が水の泡になる YMYLの注意点

YMYLとは

YMYLを大まかに言うと、Googleが定めた検索基準と言えます。
YMYLで、対象とされているジャンルでは、公的機関や、企業サイトが優先的に上位表示されます。

検索上位にヒットしない

YMYLの対象ジャンルは、避けたほうが無難です。
せっかく記事を書いても、検索上位にヒットする可能性は低いです。

YMYLの対象ジャンル一例

以下は、YMYLの対象ジャンルの一例です。
ニュース(エンターテイメント、スポーツは一般的に対象外)
社会生活(社会サービス、法律問題)
財務(投資、税金、保険、ローン)
ショッピング(ECサービス)
健康・安全(医学問題、防災)
特定集団(人種、宗教、障害)

対象ジャンルは明確ではない

YMYLの対象ジャンルは、明確に発表されていません。
解釈により、対象が、広くも狭くもなります。
例えば、健康・安全の分野では、「危険な活動など」と言った基準があります。
「危険な活動」と言った基準は、解釈により対象ジャンルが変わってくるでしょう。

YMYLの対象か推測する方法

YMYLの対象ジャンルかどうかを、確認する方法があります。
確認する方法は、実際にキーワードを検索してみることです。
検索結果が、官公庁や大手企業ばかりであれば、YMYLの対象ジャンルだと推測できます。

YMYLの対策

YMYLに対する取り組み方法は、以下のような内容が挙げられます。
・YMYLは避ける
・SNSから集客を行う
・広告から集客を行う(リスティング広告、SNS広告)

YMYL以外の注意点

広告では、使うことが禁止されている表現があります。
検索エンジンも、違反表現をチェックしています。

禁止表現に関する法律
・景表法
・薬機法

特に注意が必要な商品
・不動産
・化粧品
・健康食品
・医薬品
・医薬部外品

まとめ

この記事のポイントは以下です。

・自分に興味があるジャンル
・既存の知識を活かせるジャンル
・将来性があるジャンル
・検索者数が多いジャンル
・ネタ切れしないジャンル
・YMYLジャンルは避けるのが基本戦略

YMYLの該当ジャンルは、注意が必要です。
YMYLでは、検索上位にヒットしません。
アクセスがなければ、徒労に終わってしまいます。

すぐにジャンルは決められないかもしれません。
でも、大切な部分なので、時間をかけて考えても良いと思います。
きっと、人それぞれに適したジャンルがあるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました