SNSを使って、ブログアクセスを増やす方法

お金の知識

5つのSNSサービス

SNSを使って、自分のブログの、アクセスアップをすることができます。
アクセスアップができる、有名なSNSは、以下の5つが挙げられます。
・インスタグラム
・ツイッター
・ユーチューブ
・ライン
・フェイスブック

アクセスアップに有効なSNSは、インスタ、ツイッター、ユーチューブです。
ライン、フェイスブックは、アクセスアップにつながりません。

ライン、フェイスブックの特徴

ラインとフェイスブックは、アクセスアップにつながらないと説明しました。
ラインとフェイスブックは、不特定多数に向けて情報発信をしません。
ラインとフェイスブックの主な利用方法は、個人間のコミュニケーションです。
個人間のコミュニケーションで、サイトの宣伝をすることは難しいと言えます。

過剰な宣伝はNG

SNSを使って、アクセスアップに取り組むとき、重要なルールがあります。
重要なルールとは、過剰な宣伝はNGと言うことです。
SNSの目的は、「交流」です
過剰に宣伝すると、逆に反感を買うことにつながりかねません。

SNSのメリットとデメリット

SNSのメリットは、以下のような内容が挙げられます。
・無料で使える
・ユーザーと交流できる

SNSのデメリットは、以下のような内容が挙げられます。
・アクセスアップまで時間がかかる

ターゲット層を明確にする

アクセスアップをするためには、自分のブログの、ターゲット層を明確にすることが大切です。

それぞれのSNSには、特徴があります。
ユーザーの年齢層も異なります。
例えば、フェイスブックは中高年が多く、インスタグラムは若年層が多くなっています。

自分のブログのターゲット層に合わせて、SNSを使い分けましょう。

SNSは遊びのアプリ

SNSは、「遊び」のアプリです。
特に、ツイッターとインスタグラムは、遊びの要素が強いと言えます。
SNSで投稿する際は、少し笑えるような、「遊び心」が必要です。

露骨にサイトの宣伝だけを繰り返しても、嫌悪感を持たれかねません。

各SNSの特徴

インスタグラム

20代~40代利用者が多い、女性が多い。
インスタの投稿は、写真がメインです。
インスタが得意なのは、写真映えするような、スイーツやファッション商品です。
インスタでは、「オシャレ」であることが重要な要素です

ツイッター

20代~30代利用者が多い、男性が多い。
ツイッターの特徴は、スピーディさです。
動画編集や画像編集が必要ありません。
気軽に、瞬時に投稿することができます。

また、フォロワーを増やすために重要なのは、「面白さ」「話題性」です。
ツイッターでは、「面白さ」を求める文化が根付いています。

ユーチューブ

10代~70代幅広い利用者、SNSの中で二番目に利用者が多い。
ユーチューブでは、投稿に多くのエネルギーが必要になります。
動画作成工程は多く、ツイッターのように気軽に投稿することはできません。
作成工程としては、動画撮影、動画編集、動画の台本作りなどが挙げられます。

手間はかかりますが、ヒットしたときの「爆発力」は大きいと言えます。
使い方次第で、魅力的な宣伝ツールになります。

ライン

10代~70代幅広い利用者、SNSの中で利用者数最多。
ラインの拡散力は、他のSNSと比べて「弱い」と言えます。
しかし、うまくアプローチできれば、多くのユーザーとつながることができます。

ラインで宣伝を行う場合に必要なのは、「公式アカウント」の開設です。
公式アカウントで使える機能は、メッセージを送る、クーポンを発行する、タイムラインへの投稿などが挙げられます。

ラインはメルマガよりも、有利な点があります。
メッセージを読まれる可能性が高かったり、反応が強いことが挙げられます。

公式アカウントを開設しても、勝手に「友達登録」が増えることはありません。
「友達登録」を促す、宣伝活動が必要です。
みなさんも、以下のような広告を、一度は目にしたことがあると思います。
「友達登録をすると、無料レポートをプレゼント」
「友達登録をすると、無料動画をプレゼント」

公式アカウントの上手な使い方は、以下のような場合になります。
・リアル店舗へ来店を促す
・特定の商品を販売する

フェイスブック

30代~60代利用者が多い、中高年が多い。
フェイスブックは、不特定多数に向けて、情報発信をすることを目的としていません。

フェイスブックは、知り合いとのつながりが重視されています。
目的としているのは、知り合いの動向を知ったり、逆に自分の動向を知らせると言った内容です。
取引先や、会社の同僚など、フォーマルな場面で使われることもあります。

フェイスブックでアクセスアップを狙うことは、難しいと言えそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました