初心者向け、コピーライティングの基本知識

お金の知識

コピーライティングを使う場面

コピーライティングは、いろいろな場面で使えます。
例えば、以下のような場面でコピーライティングを使います。

・ネット記事のタイトル
・ネット記事の見出し
・ツイッターのヘッダー
・その他何らかのタイトル
・ネット広告
・紙のチラシ

普通の文章と書き方が異なる

コピーライティングと、普通の文章の書き方は異なります。
普通の文章では、結論を先に書きます。
また、普通の文章では、タイトルから本文を推測できる内容を書きます。

コピーライティングでは、結論を書きません。
コピーライティングの基本的な書き方は、次の文章を読みたくなるような内容を書くことです。

コピーライティングの目的

コピーライティングの目的は、意図する行動を相手にとってもらうことです。
意図する行動とは、購入、予約、登録、電話反響と言ったことが挙げられます。

意図した行動をとってもらうための、確率を高めるのがコピーライティングです。

センスを必要としない

コピーライティングは、センスがなくても可能です。
創造性はあまり必要としません。

一定の方法があり、その通りやれば再現性が高いと言えます。

読み手の感情を動かす

コピーライティングで意識すべきことは、読み手の感情を動かすことです。

読み手の感情を動かして、意図する行動をとってもらうのが、コピーライティングの定義になります。

初心者とプロの違い

プロは、相手が必要なことを書きます。
コピーライティング初心者は、自分が書きたいことを書きます。

プロと初心者の違いを、比較してみたいと思います。
プロの書き方
・相手が知りたいことを書く
・相手が興味を持っていることを書く
・相手のお困りごとの解決策を書く

初心者の書き方
・自分が書きたいことをかく
・思いついたことを書く
・伝えたいことを書く

コピーライティングの鉄則

コピーライティングには、普遍的な鉄則があります。
どの書籍にも必ず書かれている内容です。

・人は、他人から説得されたくない
・人は、他人から動かされたくない
・人は、自分が思ったように動きたい
・ライターが書いた文章は読まれない
・読者自身に関係があることは関心を持つ
・かっこいい言葉は読者に伝わらない

相手の言葉を真似る

コピーライティングでは、有効なテクニックがあります。
そのテクニックとは、相手の言葉をそのまま使うことです。
このテクニックは、日常会話でも使うことができます。

相手の言葉をコピペするとも言えます。
相手の言葉をそのまま使うことを、影響言語と言います。

相手が使っている言葉、相手が解釈している言葉をそのまま使うことで、相手にも伝わりやすくなります。

6つのキャッチコピー

キャッチコピーには6つの型があります。
6つの型は、とっても重要です。
可能であれば暗記しておきましょう。

1.利益
読み手の利益(ベネフィット)について書くことがポイントです。
読者自身の利益に関係があると、本文を読んでもらえる可能性が高まります。

2.具体性
具体的な数値や地名を書くことがポイントです。
抽象的な内容より、具体的な内容に、読者は興味を持ちます。
具体性が増すと、本文を読んでもらえる可能性が高まります。

3.新規性、好奇心
新しいことについて書いたり、好奇心を引き出すような書き方をすることがポイントです。

古い情報は、重要度が低いと判断されます。
重要度が低いと判断されると、記事を読んでもらえる可能性が低くなります。

人が新しい情報に興味を示すのは、理由があります。
長い狩猟時代では、新しい情報を得ることが、生存確率を上げることにつながったからだと言われています。

好奇心を引き出すためには、疑問文にするテクニックも効果的です。
疑問文に対する、理由を知りたいために、本文を読んでもらえる可能性が高まります。

好奇心を引き出すテクニックとして、「○○の方法」と言った書き方も効果的です。
読者は、どんな方法か知りたくなり、記事を読んでもらえる可能性が高まります。

4.意外性、常識否定
世間の常識と、反対のことを書くのがポイントです。

例えば、「貯金をしてはいけない」、「速読してはいけない」と言ったフレーズが考えられます。

可能であれば、読者が信じていることをリサーチして、その逆を言うことも有効です。

5.緊急性、限定性
人数や期間を限定して書くことがポイントです。
例えば、「先着○名限定」、「○月○日までの限定」と言った書き方が挙げられます。

6.早くて簡単(Quick and Easy)
早くて簡単に、結果が手に入ると言った書き方がポイントです。
人はラクをしたい生き物です。
早くて簡単に結果がが手に入る情報に飛びつきやすい性質があります。

例えば、「1日たった5分の作業で日給1万円」などと言った書き方が挙げられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました