リフォーム知識があれば、人生が豊かになる理由

お金の知識

リフォーム費用は高額

リフォーム費用は高額です。
高額なだけに、失敗すると影響が大きくなります。

リフォーム知識は、不動産投資や、自宅のリフォームで役立ちます。

適切なリフォームをすると、高い値段で家を売ることができます。
価値の高い家を持っていると、お金持ちになれる確率が上がります。

メリット

リフォーム知識を得ることで、以下のメリットがあります。
・リフォーム代が安くなる
・満足感を得られる
・不動産投資で役立つ
・資産価値を高める

以下の項で、メリットについて詳しく見ていきたいと思います。

リフォーム代が安くなる

リフォーム知識があると、リフォーム代が安くなります。

リフォーム会社は、工事内容によって、得意不得意があります。
リフォーム知識があると、自分がやりたい工事内容により、どういった業者を選べば良いか判断できるようになります。

例えば、洗面台を新品にしたいなら、設備工事に強い業者を選ぶことがポイントです。
メーカーとの大量納入契約により、設備の仕入れ単価が安くなります。
仕入れ単価が安い分、工事費用全体が安くなる傾向があります。

満足感を得られる

リフォームをする目的のひとつは、「満足感を得る」ことです。
高い満足感を得ることができれば、リフォームは成功したと言えます。

リフォームの知識があると、満足感の高いリフォームをすることができます。

どういった箇所に、どういった工事を、どのぐらいの予算で行えば良いか判断できます。
自分で判断することで、満足感につながります。

不動産投資で役立つ

不動産投資を考えている人は、リフォーム知識が重要です。
リフォームの知識が豊富であれば、収益性がアップします。

例えば、リフォーム知識があると、以下のような戦略を立てることが可能になります。

①1000万円で購入
②500万でリフォーム
③2000万円で売却
(500万円の利益)

資産価値を高める

適切なリフォームをすると、資産価値を高めることができます。
資産価値を高めると、以下のようなメリットがあります。

・買い手がつきやすい
・高く売れる
・子や孫の代まで家が残せる
・自分自身の精神的な支えになる

買い手がつきやすい

適切なリフォームにより、買い手がつきやすくなります。

スーモなどの中古情報では、リフォーム済みの物件は、目にとまりやすいと言えます。
また、印象に残りやすく、購入される可能性が高くなります。

買い手にとって、リフォームされた家は魅力的です。
リフォームされている場合、買い手は面倒なことを考える必要がありません。

買い手が自分でリフォームを手配する場合、ハードルが存在します。
それは、想像力です。
目の前に商品がない状態で、想像力を働かせて契約する必要があります。

リフォーム済みであれば、ハードルはありません。
目の前の完成品に対して、良し悪しを判断するだけです。

ハードルをひとつでも取り払うことで、買い手がつきやすくなります。

高く売れる

リフォームしている家は、高く売ることができます。
また、ローン残高よりも、高く売ることができる可能性があります。

例えば、100万円でリフォームしたあと、150万円を上乗せして売ることもできます。

子や孫の代まで家が残せる

リフォームをすると、家は長持ちします。
家が長持ちすると、子や孫の代まで家を残せる可能性があります。

住宅ローンや家賃などの住宅費用は、日々の暮らしに大きな影響を与えます。
安心して、しっかりと住める場所があれば、子や子孫の代まで栄えることができます。

自分自身の精神的な支えになる

リフォームをすることで、自分自身の精神的な支えになります。

住まいを大切にする気持ちは、地域や家への愛着につながります。
そういった愛着は、精神的な支えとなり、日々の暮らしを支えてくれます。

勉強の方法

リフォームの勉強をするときは、細部の専門知識まで勉強する必要はありません。
意識しておきたいポイントは以下の3つです。
・最低限の知識を持つ
・リフォーム業界の構造を知る
・信頼できる業者を探す

3つのポイントについて解説をしたいと思います。

最低限の知識を持つ

自分がやりたいと思うリフォームの、概要を理解しましょう。

例えば、床の老朽化が進み、「ふわふわ」「ぶよぶよ」しているとします。
床が「ふわふわ」する原因は、調べるとすぐに分かります。

検索すると、以下4つの原因が分かります。
1.床そのもののが劣化
2..床の下地合板が劣化
3..土台(床束、束石)が劣化
4.枠組み(根太)が劣化

これら4つの原因を把握していれば、業者への相談もスムーズです。

リフォーム業界の構造を知る

リフォーム業界の構造を知っていれば、どういった工事を、どういった会社に依頼すれば良いか分かります。

リフォーム業界には、以下のような重要な特徴があります。
重要な特徴とは、リフォーム作業を実際に行う会社は、地元の工務店だと言うことです。
全国規模のリフォーム会社に依頼しても、実際に工事を行うのは、地元の工務店です。
リフォーム会社の社員が、リフォーム作業を行うわけではありません。

この事から、基本的には地元工務店に直接依頼するほうが価格が安くなります。
しかし、多少値段が高くても、大手リフォーム会社に依頼した方が良い場合もあります。大手へ依頼した方が良いケースは、大規模なリフォームや、複雑なリフォームを行う場合です。
大手は、アフターサービスが充実しているので、工事後の問題に対応しやすいと言えます。

逆に、簡易な大工仕事を依頼する場合は、地元の工務店に直接依頼した方が、リフォーム費用を安くすることができます。

信頼できる業者を探す

全てを自分で判断することは不可能です。
信頼できる業者、信頼できる人を見つけて、相談するようにしましょう。
そういった、「相談する」と言ったスタンスが必要です。

信頼できる業者を見つけるために、以下のようなポイントに注意しましょう。
・問い合わせに誠実かどうか
・問い合わせへの返事のスピード
・地元での評判はどうか
・ネットでの評判はどうか
・業者の実績が確認できるかどう

インターネットの評判は、あまり鵜呑みにできません。
書き込みの内容を吟味する必要があります。
実体験に基づいている、具体的、詳細な書き込みを参考にしましょう。

その他の必要知識

リフォームの目的を明確化する

リフォームの目的を明確にすることで、リフォームに成功しやすくなります。

リフォームの目的は、主に以下の3つに分類されます。
・家を長持ちさせる目的
・性能を良くする
・個人的な趣味嗜好の目的

詐欺に注意する

詐欺に対して、用心するようにしましょう。

リフォーム業界は、価格が不透明な面があります。
無知な人がカモられやすいと言えます。

ネット上では、多くの被害体験談が語られています。

戸建ては特にリフォームが必要

分譲マンションには、長期修繕計画があります。
長期修繕計画に基づいて、リフォームが行われます。

分譲マンションの場合は、マンションの構造面に対して、あまり注意を払う必要がありません。

特にリフォームが必要なのは、戸建住宅です。
自分でしっかり管理する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました