コツをつかめば、誰でも雑談上手になれる

自己啓発

雑談にはコツがあります。
コツをつかめば、誰でも雑談上手になることができます。

一番重要なコツは、「雑談とは、単に言葉を交わすだけ」と言うことです。
簡単な言葉を交わすだけなら、なんとかなりそうです。

言葉を交わすときに、コツがあります。
コツを知れば、とても簡単に雑談ができます。

この記事を読むことで、以下のようなコツが分かります。
・英語みたいに抑揚をつける方法
・本当に便利なオノマトペ
・正しい目の合わせ方
・雑談で使える鉄板話題

雑談力をアップさせて、誰とでも話せるようになりましょう!

雑談とは

主語を意識する

雑談では、主語を意識することが大切です。
・一人称(私は)
・二人称(あなたは)
・三人称(私とあなた以外)

雑談では、相手に注意を向けることが重要になってきます。
相手へ注意を向けるためには、主語を二人称で考える必要があります。

他の話し方と区別する

雑談には、雑談用の話し方があります。

雑談で重要なことは、「単に言葉を交わす」ことです。
ビジネス会話で重要なことは、「情報交換」です。
家族や親しい人との会話で重要なことは、「本音で話す」ことです。
単に言葉を交わすことを意識しましょう。

雑談の目的

雑談には、以下のような目的があります。
・関係性の構築
・互いの警戒心をほぐす

難しい会話をして、何かの結論を出すわけではありません。
易しい会話をして、お互いの警戒心をほぐしましょう。

雑談力は能力

あなたの周りにも、雑談が得意な人はいると思います。
その人は、自然に雑談能力を身につけたかもしれません。
特に女性は、雑談能力に優れた人が多いです。

しかし、雑談力は特別な能力ではありません。
雑談力は、伸ばすことができます。

意欲があれば、雑談能力はアップします。

雑談の心がまえ

内容はなんでもいい

雑談の内容はなんでもOKです。
内容よりも、言葉を交わすことが重要です。

話す内容に、オチがなくても大丈夫。
論理的思考じゃなくても大丈夫。
言葉を交わすことが目的です。

当然ですが、相手が不快に感じるような内容はNGです。

アドバイスは必要ない

話し相手に対するアドバイスは、基本的に必要ありません。
雑談は、議論や相談とは異なります。

分かりやすい表現を心がける

「これ」「あれ」と言った代名詞の多用はNGです。

代名詞が多くなると、相手の負担が高まります。
代名詞をなるべく避けましょう。
具体的な名前で指し示して、分かりやすい表現を心がけましょう。

優しい気持ちで雑談

優しい気持ちで雑談をしましょう。

空気を読みすぎると、いろいろと考えてしまいます。
「いやなやつだと思われていないだろうか。」
「相手が傷ついていないだろうか。」

空気を読みすぎてしまう人でも、大丈夫です。
自分の中で一貫した姿勢を持ちましょう。

相手を尊重する気持ち、優しい気持ちで雑談をすれば、自信を持つことができます。

雑談のコツ

聞き上手になる

「聞く」よりも、「話す」方がラクと言われています。
自分が一方的に話すと、相手の負担が高まります。
自分の話は控え目にして、相手が話しやすい雰囲気を作りましょう。

聞き上手になるために、以下のような方法があります。
1.相づち表現を増やす
2.オウム返し
3.表情を豊かにする
4.抑揚をつける

1.相づち表現方法を増やす
「うん」や「はい」だけでは表現が不足しています。
表現を変えてみましょう。
少し表現を変えるだけで、印象が良くなります。

例えば、以下のような表現方法があります。
「よく気付いたね」
「鋭い」
「疲れたね」
「がんばったね」
「さすが」

2.オウム返し
オウム返しをして、ちゃんと聞いている姿勢を示しましょう。
オウム返しとは、「◯◯なんですね」と、相手の述べたことを、復唱することです。

単に、オウム返しをする以外にも方法があります。
理解した雑談内容を、自分なりにまとめて示すことです。
例えば、「整理して考えると、◯◯ということですね」と言ったようまとめることができます。

3.表情を豊かにする
表情を豊かにすれば、雰囲気が良くなります。
無表情よりも、にこやかな方が、雰囲気が良くなります。

以下のような方法が効果的です。
・大きくうなずく
・表情を明るくする
・目を優しくする

表情を豊かにすることは、すぐに取り組むことができます。
ぜひ取り組みましょう。

4.抑揚をつける
抑揚をつけて、リズムよく会話をしましょう。
英語の場合、抑揚(イントネーション)が特徴的です。

抑揚があると、主張したい内容が明確になります。
主張内容が明確だと、会話のリズムが良くなります。

日本語には、抑揚がほとんどありません。
しかし日本語でも、以下のような方法で抑揚をつけることができます。
・感情を込めて言う
・語尾を伸ばす(すげええ)
・途中で伸ばす(すみませーーん)
・感嘆詞を使う(おおっ、えええ)
・オノマトペを使う(例:お腹ペコペコ、ガンガンいこうぜ)(後述)

極端な表現は、相手が不快に感じるかもしれません。
適度に表現を工夫して、会話のリズムを整えましょう。

鉄板話題

以下のような話題は、よく用いられます。
・天候
・地域の話題
・出身地の話題
・好きな食べもの
・目に見えたことを話題にする
・いま共感できることを話題にする

「いま共感できることを話題にする」ことは大切です。
自分のことを一方的に話しても、相手に伝わりません。
相手が何に関心があるか、想像してみましょう。

表現を豊かにする

会話が続くように、工夫して表現しましょう。
例えば、単に「雨が降ってきましたね」では不足しています。
「また降ってきたね」
「カサ持ってないよ」
「とうとう降り出したね」
少し表現を変えたり、感情を込めて話をしてみましょう。

雑談の始め方

あいさつをして、雑談のきっかけを作りましょう。
また、先にあいさつをしたほうが印象は良くなります。
相手のあいさつを待つ必要はありません。
あいさつをして、雑談の足がかりをつくりましょう。

ポイントは、あいさつにひと言雑談を加えることです。
ひと言加えるだけで、相手との距離感は縮まります。
なにも怖いことはありません。
なにか言葉を交わせば良いだけです。
会話にオチも必要ありません。

気持ちをやりとりする

雑談は、気持ちをやりとりすることがメインです。
情報交換とは異なります。

相手の気持ちを聞きましょう。
必要に応じて、自分の気持ちを示しましょう。

人は、自分の気持ちと同じだと、安心感を得ることができます。
相手と同じ気持ちなら、「同じですよ」と伝えましょう。

目の合わせ方

必要に応じて、相手の目をみるようにしましょう。

目を合わせて話すことは、賛否両論あります。
賛成意見の考え方は、目を合わせることは、「相手へ尊重を示す」と言った内容が挙げられます。
否定意見の考え方は、目を合わせることで、「相手へ威圧感を与える」と言った内容が挙げられます。

目を合わせる合わせない、どちらの意見が正しいでしょうか。
どちらが正しいか、明確には決まっていません。

明確に決まっていないなら、「たまに目を合わせる」ぐらいのスタンスが適切です。
具体的な方法は、口元を見ながら話して、たまに目を合わせる。
他には、視線は別のところに置いて、たまに目を合わせる。
と言った方法が挙げられます。

テクニック

オノマトペを使う
オノマトメとは、様子を擬音で表現したものです。

例えば、以下のような表現があります。
ぐつぐつ煮る、ことこと煮る、もちもち食感、ザーザー降り

便利な表現方法です。
あらゆる状況で使うことができます。

質問で終わらせる
会話を続きやすくするために、質問で自分の会話ターンを終わらせます。
「はい」「そうなんですね」だけでは、会話が展開しにくいです。
質問で終えることを意識しましょう。

OPクエスチョン、CLクエスチョンを意識する
オープン・クエスチョンと、クローズド・クエスチョンを使い分けましょう。

オープンクエスチョンは、回答を自由に選択できることを言います。
クローズドクエスチョンは、回答を自由に選択できないことを言います。「はい」「いいえ」の二択や、三択と言った、限定された回答が求められます。

オープン・クエスチョンは、会話相手が、ある程度親しい人に使いましょう。
クローズド・クエスチョンは、会話相手が、あまり知らない人に使いましょう。

オープン・クエスチョンのメリットは、自由に答えられることです。
自由に答えられる反面、回答者の負担は大きくなると言えます。

親しくない間柄の場合、お互いに手探り状態です。
手探り状態の中、相手に自由回答を要求すると、相手の負担がさらに大きくなる可能性があります。

まとめ

この記事のポイントです。
・「単に言葉を交わす」ことが大切
・話の内容は、なんでもいい
・優しい気持ちで雑談をする
・情報交換がメインではない
・気持ちのやりとりがメイン

雑談のコツは、「単に言葉を交わす」ことです。
何か話題を探してみましょう。
ひとつだけなら、探せばきっと見つかります。

単に言葉を交わすだけなら、今日からすぐにできそうです。
少しでもいいので、チャレンジしてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました