見分け方│酵母菌が、生きている味噌と死んでいる味噌

健康生活

 

おすすめ商品

 

商品名:無双信州味噌
酵母菌が生きている本物の味噌、無双信州味噌を紹介させて頂きます。

ムソー株式会社 取扱商品
https://muso.co.jp/item/11084.html

おすすめポイント

・自然塩が原料
・国産大豆、国産米が原料
・天然醸造100%

自然塩が原料

自然塩が原料に使われていることが、大きなポイントです。
自然塩は、体に良い塩とされています。

流通している多くの塩は、精製塩です。
そして、味噌にも、精製塩は広く使われています。
精製塩はミネラルバランスが崩れてしまっています。
ミネラルバランスの崩れから、身体に塩化ナトリウムが吸収されやすく、高血圧になりやすいと言われています。

国産大豆、国産米が原料

お米、大豆は契約栽培された原料を使用しています。
お米・・・コシヒカリ
大豆・・・ナカセンナリ
塩・・・シママース

天然醸造100%

天然醸造味噌は、人工的な加熱をせずに、半年以上熟成させて作られます。
そして、酵母菌が生きたまま消費者の手元に届けられます。

速醸味噌は、人工的な加熱をして、1ヶ月~3ヶ月程度で熟成されます。
人工的な加熱をすると、身体に良いとされる酵母菌は死滅すると考えられます。
酵母菌がいない味噌は、味噌というより、元味噌と言えるかもしれません。

デメリット

デメリットとしては、価格が高いことが挙げられます。
タケヤ味噌と比較して、3.3倍ぐらいします。
とは言え、塩にまでこだわっている味噌はなかなかありません。
3.3倍・・・どうでしょうか。

無双信州味噌 ヨドバシカメラ商品販売ページ

余談

ムソーと言う会社はすごいです。
メーカー兼問屋業のような形態です。
応援したくなります。

いいなと思う商品がたくさんあります。
なたね油国産100%とか、無添加だしパックとか。
胡麻の場合は、産地も明記してあります。
産地を明記している胡麻はあんまりありません。
好感が持てます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました