おすすめ節約方法16選│年間50万円節約できる

お金の知識

図書館を利用する

図書館を利用することで、節約につながります。

フリマアプリで売る

フリマアプリを利用すると、数百円~千円程度で、ゲームや書籍を楽しめます。

ゲームソフトや書籍は、使い終えたらフリマアプリで売りましょう。
フリマアプリで売ると、費用の大部分を回収できます。

日経新聞初割を利用する

日経新聞の「初割」で、約9800円お得になります。

日経新聞は、毎年1月に「初割」と言うキャンペーンを行っています。
「初割」では、日経新聞電子版が、2ヶ月無料になります。

注意点は、毎年必ずやっているとは限らないことです。
他には、「春割」と言うキャンペーンが、4月に行われていますので、条件が合えば利用しましょう。

日経テレコンを利用する

楽天証券の日経テレコンを利用すると、年間約6万円の節約になります。

日経テレコンとは、無料で日経新聞を読むことができる楽天証券のサービスです。

日経テレコンのデメリットは、直近3日間の記事しか読むことができない、視認性が悪いことが挙げられます。

依存性の強いものをやめるか減らす

依存性の強いものをやめると年間数万円~数十万円の節約になります。

依存性の強いもので挙げられるのは、タバコ、お酒、お菓子、ジュースです。

これら依存性の強いものには、以下のような費用がかかっています。
月15000円・・・タバコ(1日500円で計算)
月9000円・・・お酒(1日200円で計算)
月3000円・・・お菓子(1日100円で計算)
月6000円・・・ジュース(1日200円で計算)
月33000円(合計)

人により、吸ったり食べたりする量は異なります。
一概には計算できませんが、毎月3万円ぐらい使っている人もいるでしょう。

コンタクトをメガネに変える

コンタクトからメガネに変えることで、年間3万円~6万円の節約になります。

コンタクトレンズの年間コストは、以下のような金額となっています。
年6万円(1日使い捨ての場合)
年2万8千円(2週間、1ヶ月使い捨ての場合)
(参考)アイシティ コンタクトレンズって、どんな種類があるの?

メガネの場合、1万円も出せば、気に入ったメガネが見つかります。
メガネを買うと、数年は使えます。

大きなこだわりがないなら、メガネに変えましょう。

古い家電を買い換える

冷蔵庫の買い換えで年間5000円節約、LEDへの買い替えで年間数千円から年間1万円の節約になります。

電気代に占める家電製品は、以下のようになっています。
1位 冷蔵庫
2位照明器具
3位 テレビ
4位 エアコン
5位 電気便座
(参考)資源エネルギー庁 家庭におけるエネルギー消費実態について

冷蔵庫、照明器具は、たくさんの電気代がかかっています。
冷蔵庫と照明器具を買い換えると、節約できる場合があります。

冷蔵庫は高価なので、節約のためだけの買い換えはもったいないです。
あくまで、買い替え時期に合わせて、節約をしましょう。

LEDランプは千円~数千円程度で買うことができます。
比較的すぐに元を取ることができるので、気軽にチャレンジできます。
部屋数が多いほど効果が高くなります。

電気毛布を使う

電気毛布の電気代は、1時間あたりなんと1円です。

電気毛布を上手に使えば、電気代を節約できます。
寝るときにエアコンをつけている人は、電気毛布へ変えてみるのもよいかもしれません。

電気毛布のメリットは他にもあります。
空気が汚れない、乾燥しにくいと言ったことが挙げられます。

デメリットは、かさばるので動きにくい、指先の冷えをカバーできないと言ったことが挙げられます。

国民年金をまとめて支払う

国民年金を2年分まとめて支払うことで、14590円お得になります。

ちなみに、付加保険料月400円を支払うと、最大96000円受給額が増えます。
国民年金の受給額は、年間最大78万円です。
78万円に対して、96000円プラスできるのは大きいのではないでしょうか。

新聞をやめる

新聞をやめると、年間約5万円の節約になります。

もしも、「新聞をとってるけど、あまり読んでない」と言う人は、新聞をやめるもよいかもしれません。

サブスクを解約する

使っていないサブスクを解約すると、年1万円程度節約になります。

魅力的なサブスクはたくさんあります。
でも、たくさん契約しても、全部を使いこなせるわけではありません。
もしも使っていないサブスクがあるなら、解約してしまいましょう。

代表的なサブスクは、以下のようなものがあります。
アマゾンプライム
KindleUnlimited
FULU
DAZN
Spotify(スポティファイ)
フールー
ウーバーイーツパス

通信キャリアを楽天モバイルにする

通信キャリアを楽天モバイルにすると、最大約3300円/月になります。

楽天モバイルの料金は、最低0円/月~最大約3300円/月です。
通話料金は無料です。(RakutenLinkアプリ利用時)

スマホをあまり使わない方だと、0円で利用が可能です。
(0円で利用するためには、アプリのバックグラウンド通信をオフにする必要があります。)

固定回線を楽天モバイルにする

固定回線で楽天モバイルを利用すると、月額最大約3300円になります。

Wi-Fiルーターは一括1円で手に入れることができます。
初回事務手数料なし、解約料なしです。
特にデメリットはありません。
始めたいときに始めて、やめたいときにやめられます。

還元率の高いクレカを使う

還元率が1%以上のクレカを使うことで節約になります。

クレカの還元率平均は0.5%程度と言われています。
1%を超えると、高還元率のクレカと言えます。

普段クレカを意識していない人は、還元率の高いクレカを意識してみましょう。
クレカをよく使う人ほど節約額が大きくなります。

例えば、毎月5万円クレカで買い物をする人は、年間6千円の還元があります。

車をやめるか、買い換える

車に乗る頻度が少ないなら手放してしまいましょう。
もしくは、買い替え時期であるなら、軽自動車を買いましょう。

車に乗る頻度が少ないなら、手放してしまうことも考えてみましょう。
あまり使わない場合、レンタカーでも対応できるかもしれません。

買い換える場合は、軽自動車の方が節約になります。
軽自動車は、何かと費用が安くなります。
節約できる内容は、車両価格、自動車税、車検代、高速代、パーツ代、駐車場代と言った費用が挙げられます。

新電力へ乗り換える

電力会社を変えることで、5%~15%程度の節約が期待できます。
また、キャッシュバックを受け取ることで、コストを下げることができます。

キャッシュバックでもらえる金額は、約20000円です。
キャッシュバックをもらえるタイミングは、おおむね1年後です。
1年ごとに電力会社を乗り換えると、毎年キャッシュバックをもらうことができます。
(キャッシュバックの金額は、電力会社により異なります。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました