リフォーム費用を安くする方法

不動産

リフォーム費用を安くする、王道的な方法があります。

王道的な方法とは、地元工務店に頼むことです。

しかしながら、必ず地元工務店がベストと言い切れません。
リフォームの内容や規模によって異なるからです。

この記事を読むことで、何を重視すべきか分かります。
具体的には、以下のようなことが分かります。
・どんな工務店に頼めばいいか
・リフォーム大手の方が安いケース
・最安値! 職人に直接依頼する方法
・既存設備を蘇らせる方法

リフォームは、形として長く残ります。
家族や両親も、ずっと喜んでくれます。
不動産投資をしている方なら、効果的な戦略を立てることができます。

知識を深めて、満足できるリフォームにしましょう!

まず、計画を立てる

目的をハッキリさせる

リフォームする目的をハッキリさせることが大切です。

目的をハッキリさせることで、業者選びがスムーズになります。
大まかな目的は、以下の2つがあります。
・快適性をアップ
・家を長持ち

快適性をアップさせる工事の場合、基本的に高い工事技術は要求されません。
業者選定の際は、価格重視で選ぶことができます。

家を長持ちさせる工事の場合、基本的に高い工事技術が要求されます。
業者選定の際は、技術重視の選び方が必要です。

技術が高い業者は、たくさんの経験があります。
大工さんのクセを見抜く発想力があったり、法令を幅広く知っています。
大工さんやのクセや、建築当時の法令によって、構造は大きく異なります。
技術が高い業者は、構造を見抜く力があります。

他には、よくあるリフォーム理由として、以下のような内容があります。
・壊れた
・デザインが古い
・使い勝手が悪い

あなたにとっての、リフォームのきっかけを考えてみましょう。
そして、リフォーム目的を明確にしましょう。

リフォーム目的を明確にすれば、以下のメリットがあります。
・リフォーム計画が立てやすい
・打ち合わせがスムーズ
・アクシデント発生時に迷わない
・満足度が高くなる
・リフォームの優先順を決めやすい

工事内容を調べる

どんな工事内容か、リサーチすることが大切です。

例えば、床の張り替えのケースであれば、リサーチで以下のことが分かります。

施工方法
・今のフローリングを剥がして貼る
・今のフローリングを剥がして土台から作り直す
・古いフローリングの上に、新しいフローリングを貼る

床の種類
・合板
・無垢

少し知識があれば、スムーズな打ち合わせをすることができます。

優先順位を考える

リフォームする目的に合わせて、優先順位を決めましょう。

リフォームを検討し始めると、いろいろな箇所が気になるものです。
しかし、全てをリフォームすることはできません。
リフォームの予算は限られています。
リフォームの目的を再確認して、優先順位を決定しましょう。

相場を知る

リフォーム箇所がイメージできたら、相場を調べましょう。

相場を調べ、予算を決めて、最終的なリフォーム箇所を決定しましょう。

予備費を定める

一般的に、予備費として、工事費の10%~20%の金額が必要です。

予備費の内容としては、以下のような内容があります。
・作業時の駐車場代
・トランクルーム代
・職人への差し入れ
・仮住まいの引っ越し代
・新しい家財道具代

予備費のことも考えて、余裕を持って予算を組みましょう。

リフォーム業者の選び方

作業を行うのは工務店

実際に工事を行うのは、地元工務店です。

地元工務店は、職人をとりまとめて工事を行っています。
どんなリフォーム会社に依頼しても、作業を行うのは下請けの地元工務店です。

工務店の種類

工務店は以下の2タイプあります。
・直請け型
・下請け型

直請け型は、地元の紹介や広告等を通じて、案件を獲得します。
下請け型は、リフォーム会社から、案件を獲得します。

小さな工務店は、リフォーム会社やハウスメーカーから、仕事が回ることで経営が成り立っているケースが多々あります。

直請け型の場合、普段から施主と接しています。
下請け型の場合、基本的に施主と接する機会がありません。
両者を比較すると、施主と接する機会の多い、直請け型が依頼しやすいと言えるでしょう。

工務店かリフォーム会社に依頼する

リフォームの依頼先は一般的に、工務店かリフォーム会社になります。
他には、職人へ依頼する方法もあります。
それぞれの特徴を確認したいと思います。

工務店には以下のような特徴があります。
・費用が全般的に安い傾向
・大工仕事が得意
・アフターサービスが弱い
・家を建てることが専門の工務店が多い
・リフォーム実績の確認が必要

大工仕事が中心の場合は、工務店を中心に探せば、安くなる可能性があります。

リフォーム会社には以下のような特徴があります。
・費用が全般的に高い傾向
・設備工事費が安い
・アフター対応がしっかりしている
・宣伝費、本社経費が上乗せされる

設備工事が中心の場合は、リフォーム会社を中心に探せば、安くなる可能性があります。大手リフォーム会社は、設備メーカーに大量発注をします。大量発注によって、コストを下げることができます。

職人への直接依頼には以下のような特徴があります。
・費用が安い
・技術面で、良し悪しの判断が難しい
・アフターサービスの対応が難しい

簡易な工事は、職人へ直接依頼することはアリと言えます。
複雑な工事は、アフター対応が難しいことなどから、避けておいたほうが無難と言えます。

職人を探す場合、ジモティ、くらしのマーケットなどで、探すことができます。知り合いに職人がいるなら、相談や依頼をするのもよいでしょう。

リフォーム会社の種類

リフォーム会社は、主に以下の系列があります。
・設備メーカー
・ハウスメーカー
・リフォーム専門会社
・インテリア、家電メーカー等
・不動産屋

以下は、各系列の特徴と事例です。

設備メーカー
設備メーカーが窓口となって、リフォームを行います。
例えば、TOTOのリフォーム、LIXILのリフォームが挙げられます。

ハウスメーカー
大手ハウスメーカーの系列会社が窓口となって、リフォームを行います。
例えば、ミサワリフォーム、大和ハウスリフォームが挙げられます。

リフォーム専門会社
リフォームを専門とする会社が窓口となって、リフォームを行います。
例えば、ヤマヒサ、朝日住宅リフォームが挙げられます。

全国展開の会社以外にも、地域展開の会社が多いのが特徴です。
例えば、関東では山商リフォームサービス、近畿ではナサホームが挙げられます。

インテリア・家電メーカー等
インテリアショップや、家具メーカー等が窓口となってリフォームを行います。
例えば、ヤマダ電機のリフォーム、無印良品のリフォームが挙げられます。

不動産屋
不動産屋が窓口となって、リフォームを行います。
例えば、東急リバブルのリフォーム、オープンハウスのリフォームが挙げられます。

安くする方法

近所の業者に依頼する

リフォーム現場と、物理的な距離が近いことが大切です。

距離が近いと、以下のメリットがあります。
・移動費用が少なくなる
・移動時間が少なくなる
・地元の評判に直結する

移動コストが減ることで、リフォーム費用を下げられる可能性があります。
他には、工事中のアクシデントに対して、素早い業者の対応が期待できます。
地元の評判に直結しますので、丁寧な対応や、丁寧な工事が期待できます。

相見積もりを行う

相見積もりは、基本中の基本です。

相見積もりをするときは、以下の点を確認しましょう。
・見積もり金額
・見積もり内容
・質問への対応の仕方
・問い合わせに対するスピード

見積もり内容によっては、一式◯万円と書かれている場合があります。
一式◯万円は大まかな書き方と言えます。
細かく書かれているほうが、のちのトラブルを防ぐことができます。
疑問点は早めに解消しておきましょう。

もしも、見積もりの段階で、乱暴な態度が感じられるなら、やめておいたほうが無難です。
「入り口」で乱暴であれば、その後の対応も乱暴なことが予想できます。

リフォーム担当者の意見を聞く

担当者の意見を聞くことが大切です。

どうすればコストを下げられるか尋ねましょう。
コストを下げる正攻法は、設備や建材のグレードを下げる、既存の設備を再利用をすると言ったことが挙げられます。

コストを下げることと、値下げ交渉は異なります。
ムリな値下げ交渉は、工事の質を悪くする可能性があります。
あくまで、コストを下げる方法を確認するようにしましょう。

リフォームパックを利用する

リフォームパックとは、あらかじめ価格と工事内容が決まっているリフォームになります。

例えば、以下のような内容は、よく見かけるリフォームパックです。
工事内容・・・水回り4点新品(台所、浴室、洗面所、トイレ)
価格・・・100万円

リフォームパックのメリットは以下になります。
・費用が安くなる
・打ち合わせが必要最小限で済む
・分かりやすい

リフォームパックのデメリットは以下です。
・設備を選ぶことができない(指定されている)
・建物構造の補修が必要な場合、別途費用がかかる場合がある
・保証がなかったり、保証内容が不十分な場合がある

リフォームパックが安い理由
・設備の仕入れコストが低い(依頼者は選ぶことができない)
・打ち合わせのコストが低い(打ち合わせ回数、時間が少ない)
・工事内容が固定的で、人件費コストが低い

リフォームパックの一番のメリットは、安くなることです。
設備にこだわりがない場合や、賃貸用としてリフォームする場合などは、検討する価値がありそうです。

注意が必要なのは、建物構造的な問題があり、補修が必要となる場合です。担当者としっかり打ち合わせや取り決めをする必要があります。

補修に関して、以下のような確認が必要です。
・どんな補修が予想されるか
・パック料金だけで、どんな補修に対応できるか
・有料補修はいくらぐらいかかりそうか
・有料補修が必要な場合、業者判断で工事を進めるか、施主の確認が必要か

打ち合わせが不十分な場合、補修されないまま工事が進められてしまう可能性があります。

下請けの工務店は、スピードを重視します。早く終わらせて、案件をたくさんこなすほうが収入が良いからです。

補修に関して、しっかりと確認しましょう。

既存設備を再利用する

既存設備を再利用することで、費用を抑えることができます。

再利用でも、満足度の高いリフォームが可能です。例えば玄関ドアであれば、シートを貼り替えるだけで、印象が大きく変わります。

玄関ドア以外にも、以下のような再利用が考えられます。
流し台→取っ手の交換
浴室→既存タイルを塗装
トイレ→ウォシュレット便座交換

再利用したい場合、問い合わせ段階で、対応可能かどうか尋ねましょう。
再利用する場合、細かな打ち合わせや作業が必要になります。
業者によっては、積極的に対応してくれない場合があります。

まとめてリフォームする

まとめてリフォームすると安くなります。

個別でリフォームを行うと、総額が高くなります。

例えば、「今回はお風呂だけ」と言ったような場合で考えてみます。あとで洗面台の工事を行うと、また同じ作業が必要になります。打ち合わせ、業者手配、養生、清掃と言った、同じ作業を繰り返すことになります。

以下は、「まとめてリフォーム」の代表的な事例です。
・屋根と外壁をまとめる・・・足場組み立ての費用が減る
・水回りをまとめる・・・水道業者の作業回数が減る
・LDKをまとめる・・・養生と清掃の費用が減る

関連がない場所をまとめてリフォームしても、メリットはあまりありません。
関連がありそうな場所を、まとめてリフォームすることを検討してみましょう。

エクステリアは専門業者に依頼

エクステリア(屋外工事)は、専門業者に依頼したほうが良い場合があります。

工事を行う工務店は、エクステリア工事を外注するケースが多いです。
外注する場合、費用は高くなりがちです。

相見積もりを行って、費用を比較しましょう。

まとめ

この記事のポイントは以下です。
・地元工務店に依頼すると安い
・どこに頼んでも、工事するのは地元工務店
・設備工事が多いなら、大手に依頼する
・業者は、現場から近いほうがうれしい
・相見積もりをする
・条件が合うならリフォームパックが安い

地元で、定評のある工務店を探してみましょう。
地元工務店は、どういう作業が得意か、イメージしてみましょう。
複雑な工事や、大規模な工事では、アフターサービスを重視したほうが安心できます。

リフォームは形としてずっと残ります。
満足のできるリフォームにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました