記事には二種類ある│収益記事と集客記事

お金の知識

旧アドレスにアクセスされた方は、リダイレクト(自動遷移)されています。(ブログ引っ越しのため)
移転元/旧アドレス(サイト名:愛アフィリエイト)

動線作りが最重要

収益記事とは

アフィリリンクが貼ってある記事は、収益記事と言えます。
収益記事は、キラーページとも言われます。

動線の説明

集客記事→収益記事への、動線を意識することが重要です。
稼いでいるブログは、動線設計がしっかりしています。

収益記事と集客記事の割合

一般的な記事の割合は、収益記事:集客記事 = 1:9です。
サイト構成、カテゴリなどにより、割合は異なります。

大切なのは、読者ファーストで書くことです。
読者ファーストの結果、割合が前後することは問題ありません。

収益記事、集客記事の書く順番

先に収益記事を書いたほうが、効率が良いと言われています。
ゴール(広告)を先に設定することで、記事が書きやすくなります。

アフィリエイターにより、順番は異なります。
先に集客記事を書く人もいます。
最終的に、集客記事から収益記事に動線があれば、どの順番でも問題ありません。

収益記事を書くコツ

収益記事のコツ1(力を込める)

収益記事を書くときは、特に力を込めて書く必要があります。
力を込める理由は、ブログ収入を左右するからです。
より詳細に分析を行います。
分析を行い、読者の悩みや疑問、検索キーワードを考える必要があります。

収益記事のコツ2(ミドルキーワードを狙う)

検索キーワードの狙うべきポイントは、ミドルキーワード(2語)です。
ミドルキーワードは、検索者数が多くなります。

たくさんの検索者をターゲットにすることで、大きな収益になる可能性があります。
デメリットは、競争が激しく上位表示されにくいことです。
上位表示されなくても、たくさんの検索者をターゲットにしたほうが、有利に働く可能性があります。

収益記事のコツ3(内部リンクで収益を狙う)

内部リンクで、収益記事まで誘導することが大切です。
収益ページを読んでもらうには、たくさんの戦略が必要です。
内部リンクや検索流入など、たくさんの動線を考えましょう。

収益記事のコツ4(広告を貼りすぎない)

広告は、自然な形で、適切な量を貼りましょう。
広告を貼りすぎると、SEOアップデートで不利に働く可能性があります。
また、広告に対して、読者が不快感を感じて、広告クリックはされず、WEBサイトからの離脱可能性が高まります。

収益記事のコツ5(読者ファーストの姿勢)

読者ファーストの姿勢が重要です。
Googleの方針は、読者ファーストが重要であるとしています。

広告リンクはあくまで、読者の悩みや疑問を解決するためのものと考えます。
読者ファーストの姿勢は、SEOで有利に働く可能性があります。

集客記事を書くコツ

集客記事のコツ1(ロングテールキーワードを狙う)

集客記事で狙うべきポイントは、ロングテールキーワード(3語以上)です。
ロングテールキーワードは、上位表示されるチャンスがあります。
上位表示されることで集客につながります。

ミドルキーワード(2語)は、競争が激しく、上位表示は難しいと言えます。
上位表示されない場合、集客は見込めません。

集客記事のコツ2(収益記事に誘導する)

集客記事から、収益記事へのリンクを貼る必要があります。
リンクを貼っていないと、せっかく訪問してもらったのに、チャンスを逃すことになります。
集客記事から集客記事へのリンクでも問題ありません。
最終的に、収益記事へつながる動線があれば大丈夫です。

よく使われるキーワードを狙う

収益記事の目標は、「買う気満々」の読者を呼び込むことです。
「買う気満々」の読者を呼び込むためには、キーワードに狙いを定める必要があります。
キーワードに狙いを定めたら、記事文中でキーワードを使うようにしましょう。
「買う気満々」の読者がよく使うキーワードは、以下のようなものがあります。

始め方+商品サービス名
比較+商品サービス名
最安値+商品サービス名

他にも、以下のようなキーワードがあります。
手順、始め方、レビュー、買い方、口コミ、ランキング、方法、育て方、対策、プロ用

コメント

タイトルとURLをコピーしました