今日効果がある3つの会話術

自己啓発

会話術を学ぶと、以下のようなメリットがあります。
・人間関係がうまくいく
・異性からもてる

みなさんの周りにも、「感じが良い人」はいると思います。
そう言った「感じが良い」人は、知ってか知らずか、会話術を使っています。

会話術は、知っておけば断然有利です。
一生使える、「コスパ」の高い技術と言えます。

この記事では、たくさんある会話術の中から、厳選して3つの会話術を紹介しています。
会話を通じて、豊かな人間関係、豊かな人生を作りましょう!

会話術はカンタン

会話術は簡単です。
必要なのは、会話術を使う意思があるかないかです。
使う意思があれば、すぐに効果が現れます。

会話術1 単純接触効果

単純接触効果とは、会う回数が多い人を好きになることを言います。
会う回数が多いと親近感が湧いてきます。

単純接触効果(日常生活の事例)

単純接触効果は日常生活で使えます。
具体的に、以下のような使い方があります。
・電話
・メール
・飲み会
・雑談

雑談が大切

単純接触効果の中で重要なのは、「雑談」です。
雑談の回数や、量を増やすことが大切です。

雑談の内容は、なんでもOKです。
むしろ、中身がない会話が望ましいです。

「オチ」は必要ありません。
雑談の目的は、単に言葉を交わすことです。
NG行為は、相手にアドバイスをしたり、自分の意見押し付けたりすることです。

雑談が増えることで、「何を考えてるかわからない奴」から、「好感が持てる人」に変わります。

単純接触効果(日常生活以外の事例)

単純接触効果は、日常生活以外にも、いろいろな場面で使えます。
具体的に、以下のような使い方があります。
・テレビCMで接触回数を増やす
・選挙ポスターで接触回数を増やす
・SNSの発信回数を増やす

会話術2 フォローアップクエスチョンを行う

「好かれる人」の特徴として、会話の中で質問が多いことが挙げられます。

かと言って、根掘り葉掘り聞くわけには行きません。
適切な方法は、会話相手が述べた話題について、さらに質問をすることです。
さらに質問をして、掘り下げていくことを、フォローアップクエスチョンと言います。

フォローアップクエスチョンを意識すると、会話相手が何に興味があるのか分かります。
会話相手の興味対象について質問してあげることで、会話が弾みやすくなります。

会話術3 リアクションをしてあげる

誰しも、自分が述べたことに対して、反応があればうれしいものです。
どんなシチュエーションでも、相手から反応があればうれしいものです。
会話以外のシチュエーションでは、メール、SNS、ネット掲示板が挙げられます。

相手の発信に対して、積極的に反応する意識を持ちましょう。

反応するときは、表現豊かに反応しましょう。
例えば、実際に会って話をする場合、以下のような表現方法があります。
・身ぶり
・うなずき
・声のトーン
・抑揚
・相づち
・驚いた様子
・笑顔
・やさしい目

SNSでは、以下のような表現方法があります。
・顔文字
・絵文字
・スタンプ
・オノマトペ

コメント

タイトルとURLをコピーしました